NIT 新潟工科専門学校 > 建築デザイン科

職業実践専門課程 認定学科詳しくはこちら

お客様の要望をもとに、住宅や店舗、商業施設や公共施設など、快適で夢のある建築物をプロデュースできる建築設計のプロを目指します。設計・デザインを中心に、建築に関する幅広い知識や企画力、プレゼンテーションスキルを身につけることで、建築業界の即戦力を育成します。また、ホンモノ建築を手がける充実の実習や、1年次より設計コンペに参加し、入賞を目指すことで日頃の学習の成果や自分の実力を確認しながらスキルを磨きます。NITは資格だけでなく、技術力にもこだわっています。

3つのポイント

NEW

目指せる職種

建築士、建築デザイナー

建物の設計、工事監理等を行う技術者。意匠系(建物の配置やデザインなどを決める)、構造系(構造的な部分を受け持つ)、設備系(電気や空調などの設備関係を受け持つ)の3つに区分されています。

建築施工管理技術者

工事現場を取り仕切る仕事で、設計図面をもとに職人さん達と建物を造り上げます。

構造設計者、CADオペレーター、住宅営業 など

目指せる資格

  • 1・2級建築士
  • 1・2級建築施工管理技士
  • ・建築CAD検定
  • ・福祉住環境コーディネーター

ほか

タイムテーブル

※画像クリックで拡大表示します
※タイムテーブルは1年次の一例です。

タイムテーブル

※タイムテーブルは1年次の一例です。

実習・演習

  • パソコンを使って立体的に建物の設計をします。スケッチ風の表現や様々な写真の加工も可能です。

  • 自分が提案する建築プランをわかりやすく伝えるスキルを学びます。建築設計コンペや就職活動の際にも役に立ちます!

  • 設計プランを考えるに当たり、実際に現場に行き、建物の大きさ、内部の幅や高さ等、現状を確認。依頼主の方から思いや希望を伺い、プランに落とし込みます。

  • 設計の基本である住宅のプランニング手法を学び、オリジナルの住宅プランを作成します。

  • 平行定規を使って、建物の図面を書いていきます。ひとつの図面が出来るまで、数時間かかるとか!?

  • 白模型や木造在来構法の軸組模型作りを通して、建築物の構造も学びます。

小学生の頃、自宅の建て替えをしたときに現場や図面を見ているうちに建築に興味を持つようになりました。オープンキャンパスに参加した時に、学校の雰囲気が良かったことやCADの授業の多いことが入学の決め手になりました。今は「建築設計演習」の授業で集合住宅のプランを考えています。今後は設計コンペで入賞できるように頑張っていきたいです!将来は、安心・安全な暮らしを届けられる住宅を設計したいです!

長谷川 瑠奈さん

(新潟商業高校出身)

進路変更センパイの声
ムービー一覧
教員募集
AO入試
AO入試を利用したセンパイの声
夏フェス
適職診断
NSG HAPPY NEWS
直行バス運行
LINE×NIT
本物をツクル!!
専門実践教育訓練給付金
NSGオープンキャンパス お仕事体験&学校研究