NIT 新潟工科専門学校 > 環境測量科

日本海側唯一の測量士補養成施設として、都市計画や公共事業などのスケールの大きな仕事で活躍出来る測量のスペシャリストを育成します。測量・土木の基礎を学び、学校近くの広大な鳥屋野潟スポーツ公園での多様な実習を中心に、専門的な技術を習得しています。さらには、環境保全に配慮できる専門知識も習得することで、未来の生活環境や国土を支えられる人材を目指します。

3つのポイント

  • 国から認められた測量士補養成施設です。卒業と同時に測量士補を試験免除で付与。また、卒業後2年間の測量実務経験(試験免除)で測量士が付与されます。

  • 2級土木施工管理技術検定の実地試験・学科試験のうち学科試験が在学中に受験可能。また、卒業後5年の実務経験で1級土木施工管理技術検定の学科試験・実地試験が受験可能となります。

  • 企業と連携し、GNSS測量(GPS衛星やロシアのグロナス衛星を使った測量システム)やMMS測量(車にレーザー光線を発射する機械を搭載し地形を3D化するシステム)などの実習で即戦力となる人材を育成します。

目指せる職種

測量士

生活環境から国土の開発まで、建設における最初の工程が「測量」です。地球上の一点を正確に測定して距離や高さを割り出す大事な仕事で、山の高さ、川幅など地図の情報は全て「測量」の技術によるものです。

土木設計技術者

河川、橋梁、ダム、道路など公共物の設計をします。設計して出来上がったものが、地図に残るのが土木設計の大きな醍醐味です!

測量士、測量士補、土木設計技術者、土木施工管理技術者、造園施工技術者、重機オペレーター、CADオペレーター など

目指せる資格

  • 測量士・測量士補
  • 1・2級土木施工管理技士
  • 1・2級造園施工管理技士
  • 1・2級管工事施工管理技士
  • ・ビオトープ施工管理士
  • ・小型車両系建設機械特別教育

ほか

タイムテーブル

※画像クリックで拡大表示します
※タイムテーブルは1年次の一例です。

タイムテーブル

※タイムテーブルは1年次の一例です。

実習・演習

  • カーナビのように現在の位置情報を表示する測量実習です。ミリ単位まで正確な情報を計測します。

  • 地形図や平面図を作成するために電子平板を使って現地情報を測定します。

  • 河川の水面から底までの深さや、湖底の地形を求めます。みんなでボートに乗ってレッツゴー!

  • トータルステーションを使い、目標点の距離と角度を測定して位置を求めます。

  • CADを使い、道路や河川などを整備するために必要な図面を作成します。

  • 国土地理院のデータを光回線でダウンロードし、測量業界で普及しつつあるQ-GISソフト等を用いて地図を加工編集します。

明るい雰囲気で相談しやすい!

測量の専門知識を学べ、資格取得に力を入れていることがNIT入学の決め手でした。授業は難しい内容もありますが、先生方がとっても明るく楽しいので、分かりやすく教えてくれます。分からないところも質問したり、就職の相談なんかもしやすいです!自分のやる気次第で、多くの知識と技術を身につけられる環境がNITにはあります!

渡邊 葵さん

(加茂農林高校出身)

直行バス運行
ムービー一覧
LINE×NIT
本物をツクル!!
専門実践教育訓練給付金
NSGオープンキャンパス お仕事体験&学校研究