NIT 新潟工科専門学校 > 測量建設科

測量建設科

測量建設科紹介動画

3つのポイント

  • Point1

    圧倒的な実習時間!
    2年間の学習1712時間のうち
    672時間が実習!

    実習、演習時間が多いので確実にスキルアップが図れます

  • Point2

    2級土木施工管理技術検定(学科)
    5年平均合格率90.5%
    (全国平均56.0%)

    土木工事現場の責任者となる資格(学科のみ)を卒業までに取得

  • Point3

    企業連携で
    最新の技術を習得

    ドローンで空撮し地形を3D化など最新技術を学習

目指せる職種

測量士

生活環境から国土の開発まで、建設における最初の工程が「測量」です。地球上の一点を正確に測定して距離や高さを割り出す大事な仕事で、山の高さ、川幅など地図の情報は全て「測量」の技術によるものです。

土木設計技術者

河川、橋梁、ダム、道路など公共物の設計をします。設計して出来上がったものが、地図に残るのが土木設計の大きな醍醐味です!

その他
測量士補、土木施工管理技術者 など

目指せる資格

  • 測量士・測量士補
  • 1・2級土木施工管理技士
  • 1・2級管工事施工管理技士

タイムテーブル

※画像クリックで拡大表示します
※タイムテーブルは1年次の一例です。

タイムテーブル

※タイムテーブルは1年次の一例です。

実習・演習

  • UAV(ドローン)実習

    上空からUAV(ドローン)により撮影された写真をもとに地形図を作ります。普段からUAV(ドローン)を使用して測量をしている県内の企業様より直接指導を受けられるから、最新の知識が身に付きます。

  • 測量実習

    トータルステーション・GNSSやレベルといった機器を用い、近隣の広い公園で土地の形状を図ります。

  • 管工事施工学

    給排水設備に必要な配管施工技術を学びます。

  • 材料実験

    コンクリートや土についての特性を実験を通して学びます。

  • CAD実習

    AutoCadや測量専用ソフトを使い、それぞれの操作方法を学びます。

測量実習やドローン実習などで、企業の方が講師として来てくれる機会が多くあり、実習がとても充実しています!また、測量士補などの資格取得の対策も多くあります。卒業したら道路の設計を仕事にすることが目標です!

目黒 晴也さん

(栃尾高校出身)

進路変更センパイの声
ムービー一覧
教員募集
AO入試を利用したセンパイの声
適職診断
直行バス運行
LINE×NIT
本物をツクル!!