NIT 新潟工科専門学校 > 建築大工科

伝統的な匠の大工技術を習得できるのはもちろん、幅広い建築に関する専門知識も2年間で習得し、2級建築士(国家資格)を卒業後すぐに受験出来ます。今の時代の大工職人は、技術を持ち合わせているのは当たり前ですが、建築の専門知識もあると、大工職人として仕事の幅が広がります。実習では、ノミやカンナなどの刃物を研ぐところから始まり、伝統的な技術や、最新の技術を身につけ、学生全員で1つの大きな構造物を作る実習などを通して、“職人同士”の連携を学んでいきます。また木造建築物の建て方を率先して見学するなど“現場を見て学ぶ”授業も実践しており、即戦力となれるようスキルアップし、多くが大工業界に就職しています。

3つのポイント

  • 現在第一線で活躍している現役大工の棟梁が、伝統的かつ最新の技術を直接指導します。また、現場で求められる挨拶などの礼儀作法も学びます。

  • 現在の大工は建築の知識が必須。法律や設備分野、環境分野など、幅広い知識が求められます。図面はパソコンで書く時代となり、CAD実習を実施し、図面も書ける大工を育成します!

  • 建築大工科のカリキュラム(授業内容)は、国家資格である2級建築士・1級建築士の受験資格の要件を満たしています。卒業後すぐに2級建築士、実務経験4年で1級建築士が受験できます。

目指せる職種

建築大工

主に一般住宅の木材加工・建て方を行います。工務店や建設会社に職人として所属をしている方が多いです。

現場監督(建築施工管理技術者)

住宅現場で、材料の発注や専門職人と打ち合わせをしながら、始めから終わりまで図面を基に指揮し、建物を造り上げていきます。

型枠大工、宮大工、建築士、建築デザイナー など

目指せる資格

  • 建築大工技能士
  • 1・2級建築施工管理技士
  • 1・2級建築士
  • ・建築CAD検定
  • ・福祉住環境コーディネーター

ほか

タイムテーブル

※画像クリックで拡大表示します
※タイムテーブルは1年次の一例です。

タイムテーブル

※タイムテーブルは1年次の一例です。

実習・演習

  • 建物の構造や部材の名称・木造の建て方を把握するため、軸組み模型を制作し、立体的に物を捉える力を学んでいきます。

  • 2級技能士の試験の一部に、原寸図作成があります。1/1スケールで、平面図と展開図を書いていき、それを基に加工を始めていきます。

  • 建物を作る際の基本となる設計図。その図面を手書きで書くことにより、図面を読み取る力も養います。

  • 専用の大工実習場で、1年次はノミやカンナなど基本的技術をマスターし、2年次には複雑な構造の建築技術も身につけます。

  • 校外の施設で、図面をもとに本物建築を施工します。みんなで協力して造ると、やっぱり楽しい!

  • 国家資格取得対策授業です。受験直前に対策授業を行い、毎年多くの合格者を輩出しています。

校外実習はやっぱり楽しい!

今年の校外実習は、「新潟市動物ふれあいセンター」で、動物たちの遊具・休憩所製作でした!自分たちの大工技術で、実際に人の目に触れるものを創れて、すごく嬉しかったし楽しかったです!先生が熱心に授業をしてくれて、勉強がしやすい環境が整っているのでおススメです!4月から社会人となりますが、内定を頂いたからには全力で期待にこたえたいと思います!

田中 智瑛さん

(長野県白馬高校出身)

直行バス運行
ムービー一覧
LINE×NIT
本物をツクル!!
専門実践教育訓練給付金
NSGオープンキャンパス お仕事体験&学校研究