NIT 新潟工科専門学校 > ものづくり工学科

2次元・3次元CAD操作を身につけながら、工業製品や部品を中心に図面の読み方、書き方を習得します。また、実際に旋盤、NCフライス盤などを使用して、機械・機構部品などの加工方法を学びます。金属製品や樹脂製品の機構部品の設計から加工、組立てまでトータルに学びながら、ものづくりのスペシャリストを目指します。

3つのポイント

  • 2Dはもちろん3D-CAD操作を学びながら、工業部品のトレース・モデリングを通して製図法を理解し、機械設計ができる力を身につけます。

  • 工作機械の基本である旋盤、フライス盤の操作や溶接法などを、実際の製品を製作しながら習得。また、実際に企業に行き、作業体験も行うことで、即戦力を身につけます。

  • 特許の仕組み、必要性を理解し、パテントコンテンストに応募します。入賞すると特許の申請から取得までの手続きを在学中に行う事が可能!2年連続特許取得の実績を誇ります。

目指せる職種

機械加工技術者

鉄、アルミ、樹脂などの材料を使って製品を生み出す金属加工には切断、プレス、旋盤、板金溶接など様々な専門技術が必要となります。

生産技術者

品質・コスト・納期の三つの柱で成り立つ製造業界の中で、コストの部分を担うのが生産技術者の役割で、経済効率(生産性)を高める為の知識・技術が求められます。

CADオペレーター、生産着従者、商品開発者、プロダクトデザイナー、ガス溶接技能者、危険物取扱者 など

目指せる資格

  • ・厚生労働省認定 CADトレース技士
  • 危険物取扱者
  • ・ガス溶接技能講習
  • ・アーク溶接特別教育
  • ・自由研削砥石特別教育
  • ・3D-CAD利用技術者
  •  知的財産管理技能検定

ほか

タイムテーブル

※画像クリックで拡大表示します
※タイムテーブルは1年次の一例です。

実習・演習

  • 工作機械の操作方法を学び、部品加工技術を習得します。

  • 鉄板・アングルなどを切断し、アーク溶接によって接合し、実際に棚などを設計・加工します。

  • ものづくりの基本は図面です。
    CAD(設計ソフト)の操作を学びながら、製図法も習得します。

  • 商品の仕組みや性能を追求しながら、新製品やオリジナル製品を考え、独創性を養っていきます。

  • 主にパテントコンテスト応募を通じて、特許の仕組み、必要性を学びます。

ものづくりをトータルに学べます!

「自分で何かを作りあげたい」という思いから、ものづくりに興味を持つようになりました。NITの授業は実習が豊富で、様々な知識を学ぶことができます。今、課題で「二足歩行ロボット」を製作しています。設計から加工までトータルに学べ、試行錯誤しながら作業を進める工程は本当に面白いです。ものづくりに興味がある人は、ぜひ来てみてほしいです!

米野 達也さん

(新発田南高校出身)

直行バス運行
ムービー一覧
LINE×NIT
本物をツクル!!
専門実践教育訓練給付金
NSGオープンキャンパス お仕事体験&学校研究