建築大工科

建築大工科紹介動画

3つのポイント

  • Point1

    現役の熟練大工が
    特設指導!
    ゼロから学んで即戦力に

    技術だけでなく大工に必要な実務も学びます

  • Point2

    建築士資格を持った
    大工になる!!

    建築大工科から一級建築士専攻科/建築士専攻科に再進学し、建築士合格も目指せます

  • Point3

    新潟県内最大級
    学校敷地内に
    大型実習場完備

    教室から2分で実習場!充実した環境で確実に技術を身に付けていきます

合格率&合格者数 新潟県内No.1!

資料請求はコチラ

目指せる職種

建築大工

主に一般住宅の木材加工・建て方を行います。工務店や建設会社に職人として所属をしている方が多いです。

現場監督(建築施工管理技術者)

住宅現場で、材料の発注や専門職人と打ち合わせをしながら、始めから終わりまで図面を基に指揮し、建物を造り上げていきます。

その他
宮大工、建築士、型枠大工 など

目指せる資格

  • 建築大工技能士1・2・3級
  • 1・2級建築施工管理技士
  • 1・2級建築士
  • ・建築CAD検定

タイムテーブル

※画像クリックで拡大表示します
※タイムテーブルは1年次の一例です。

タイムテーブル

※タイムテーブルは1年次の一例です。

実習・演習

  • 校外実習

    図面をもとに本物の建築物を製作します。現役の大工の棟梁である先生と一緒に行う外での実習なので、リアルな大工現場を経験できます。2019年度は新潟市ふれあいセンターと連携し、パーゴラ付きのやぎの遊び場を数週間かけて製作しました。

  • 大工実習

    専用の大工実習場で、ノミやカンナの扱い方などプロの基本的技術をマスターします。

  • 設計製図実習

    建物を作るときの基本となる設計図。その図面を書くことにより、読み取る力も養います。

  • 模型実習

    模型制作を通じ、物を立体的に捉える能力や住宅の構造・部材名称などの知識を習得できます。

  • 丸のこ等取扱い作業従事者講習

    実務の大工現場では欠かせない、携帯用丸のこの講習を校内で実施し、資格取得を行います。

資格取得と大工技術習得、どちらにも力を入れたいと考え、資格対策が充実していて広い大工実習場のあるNITに入学しました。基礎からしっかり学べるので、安心して実習できています。活躍できる大工になるために頑張ります!

宮下 倖汰さん

(長野県 上田千曲高校出身)

資料請求はコチラ
情報公開