大学併修コース

(※建築を学ぶ在学生アンケートより)

大学併修制度とは?

大学併修制度とは、専門学校で「専門学校と大学のカリキュラムを学び、大学と専門学校の2つの卒業資格を得る」制度です。大学の卒業資を取得でき、就職活動の選択肢が大きく広がります。

3つのポイント

  • Point1

    大学の建築学科
    卒業見込で就職できる

    近年、建築士の国家資格取得を最重要視する資格社会化が進む建築業界ですが、中には、大学卒業資格を前提とした企業求人もまだ多く存在します。
    この新コースを利用することで、建築士、大卒資格のどちらも取得した状態で、それも「『建築』の大学卒業資格」で就職活動が可能になります。
    これにより、実質ほぼすべての求人に応募が可能になります。

  • Point2

    大学よりも学費が安い

    私立建築系大学(4年間)
    605万円
    ※首都圏 私立建築系大学平均学費
    (本校調査)
    NIT・建築士専攻科
    +大学併修コース(4年間)

    487万円
    ※さらに最大97万円の学費免除が可能
    ※諸経費が別途かかります

    私立建築系大学(4年間)
    605万円
    ※首都圏 私立建築系大学平均学費
    (本校調査)

    NIT・建築士専攻科
    +大学併修コース(4年間)

    487万円
    ※さらに最大97万円の学費免除が可能
    ※諸経費が別途かかります

  • Point3

    大学だけでは実現できない
    建築士と大学卒業資格を
    Wで取得‼

    ※画像をクリックすると拡大します

愛知産業大学との
連携で生まれるメリット

学術、技術、芸術の観点から建築を学ぶ多様性に富んだカリキュラムにより、時代の変化に対応できる力をより身に付けることができます。

「専門力」×「適応力」というこれからの建築業界をリードできる人材を目指すことが可能になります。

進路変更センパイの声
ムービー一覧
教員募集
AO入試を利用したセンパイの声
適職診断
直行バス運行
LINE×NIT
本物をツクル!!