NIT 新潟工科専門学校 > 卒業生インタビュー

―どんなお仕事をされていますか?

住宅や店舗の設計、オフィス・マンションのデザイン、家具の設計などを行っています。その他にも、ファイナンシャルプラン(※)の作成・提案、大学の3D模型製作やキャンパスデザインなど、さまざまですね。

※ファイナンシャルプランとは…夢や目標に対する総合的な資金計画

―どんなときにお仕事のやりがいを感じますか?

「常に」感じています! 仕事内容を挙げると幅広く感じるかもしれませんが、これは出来あがりの名称だけの違いですから、基本は同じです。いつも、どんな仕事も「楽しむ」気持ちで前向きに取り組んでいます。

―建築業界を志したのはいつごろですか?

実は、学生時代は将来のことをマジメに考えていませんでした(笑)。「建築士として独立しよう」と決めたのが26歳のとき。翌年、一級建築士に合格して、いい人との縁に恵まれて今があります。振り返ると、本を読み始めた20歳前後がターニングポイントだったような気がしますね。

―高校生の皆さんにメッセージを!

どんな仕事においても「行動力」は大切です。だから、若いうちの“ひとり旅”はオススメ! 大勢で行く「旅行」では気づけない部分をたくさん発見できますよ。あとは、ジャンルを問わずたくさん本を読むこと。引き出しが増えて、さまざまな角度から物事を考えられるようになると思いますよ。

株式会社 本田建築【設計・工事監理、現場管理】

現 建築デザイン科(平成16年3月卒業)

一級建築士 宅地建物取引主任者

本田 昇さん(小千谷高校出身)

実際に作っていくことがやりがいと楽しみになっています。

―現在の業務内容は?

会社では、一般住宅、店舗、集合住宅の建築や宅地の開発・分譲をさせていただいています。私の業務はというと、設計・工事監理、現場管理、お客様との打合せ等業務全般をしています。

―高校生の皆さんにメッセージを!

建築業界は、一見華やかなイメージがありますが、実は地道な仕事が多かったりするんです。必要書類の取りまとめや下準備、現場検査、職人さんとの打合せなどや建築業界特有の昔ながらの慣例を覚えたりと、仕事を任されるためには責任をもって地道に努力するしかないんですよね。やはりお客様にとっては一生に一度の出来事ですから、お客様の立場にたってしっかりと設計するという責任を持てるかどうかが一番大事なことなのだと思います。大変な事が多い業界ではありますが、設計したものやデザインしたものを実際に作っていくことに対して自分自身がすごく楽しめているので、やりがいをもって出来るのだと思います。

株式会社巴山組【土木施工管理技術者】

現 環境測量科(平成23年3月卒業)

2級施工管理技士

斎藤 禎晃さん(新潟東高校出身)

地域の方の喜びの声が何よりのやりがいです。

―お仕事でやりがいや魅力を感じるときは?

地域的に山間地ということもあり、林道の開通や河川の災害復旧・堤防の築堤などの工事の施工管理の仕事をしています。自分が初めから携わった建設物の完成した姿を見ることは達成感を感じますね。それに加えて、地域の方との距離が近いので地域の方の喜びの声を直に聞くことができます。達成感と喜びを同時に味わうことができるのは魅力ですし、やりがいになります。

―「役立っているな」と感じるNITでの学びは?

測量実習が充実していたことです。様々な状況を想定した実習を授業で行っていたので、同期や同僚と比べたときにスタート地点が有利だったと思います。それから、高校までは数学が苦手だったのですが、NITの授業では仕事をする上で必要となるところを勉強するので、すんなり受け入れることができました。今仕事をしていても「こんなの授業でやったことがあったな…」と感じるところもあり、スムーズな仕事につながっていると思います。

―今後の目標は?

今年1級土木施工管理技士試験に挑戦する予定です。1級を取得すると「技術者」として名前が表に出ることになります。より与えられる仕事も増えますし、責任感を持って仕事に取り組みたいですね。

大原電業株式会社【電気設備の保守・保全】

電気電子工学科(平成11年3月卒業)

1級電気工事施工管理技士 第1種電気工事士

小谷松 泰之さん(現 巻総合高校出身)

すごく影響のある業界で毎日気を引き締めています。

―現在の業務内容を教えてください。

水力発電所や変電所にある、保護制御盤や主回路機器などの設備取替えを中心にやらせていただいています。会社自体も、良い意味で上下関係が無く、先輩にも聞きやすい環境なので仕事がやりやすいです。

―普段の業務で心がけていることは?

電気は目に見えないものなので、取扱には常に注意しています。現場によっては最大で150,000vの電圧機器を扱う時もあります。失敗しないために、そしてお客様に喜んでもらえるように安全第一で作業しています。

―現在の仕事のやりがいは?

自分が設置した機器がそのまま人の生活に役立っていることですね。一度設置した機器は、何十年も作動するわけですから。公共性が高いのが電気業界の良い部分ですが、逆に言えばすごく影響の大きい業界でもあるので、気が引き締まります!

アサヒアレックス株式会社【インテリアコーディネーター】

インテリアデザイン科 現 建築士専攻科(平成21年3月卒業)

インテリアコーディネーター 2級建築士

小林 美奈子さん(白根高校出身)

お客様の良き相談相手になれるように、日々精進しています。

―どんなお仕事をしていますか?

住宅メーカーのインテリアコーディネーターとして、お客様により良い生活を送っていただくために、住まいの内装を中心としたさまざまなご提案をさせていただいています。

―どんな気持ちで毎日のお仕事に取り組んでいますか?

インテリアコーディネーターとしてのキャリアはまだ浅いのですが、インテリアデザイン科の恩師から教わった「わからなければ、まずは聞きにいく!」を実践しながら知識を増やしていけたらと思っています。お客様の良き相談相手になることが今の目標ですね!

株式会社田村建築事務所【建築設計】

現 建築デザイン科卒(平成14年3月卒業)

一級建築士

鶴巻 佑也さん(加茂高校出身)

本当の意味での「仲間」に出会えました。

―業界を目指したきっかけは?

高校のときに実家を建て替えたのですが、作業過程を見ているのがすごく楽しくて。図面が置いてあったんですけど、その図面に沿って大工さんが梁(はり)とかを建てているのを夢中で見ていたのを憶えています。なんか、『大きなプラモデルみたいだな』って(笑)そこから自然と建築業界を目指すようになりました。

―NITでの思い出は?

やはり同じ職種を目指している学生ばかりなので、本当の意味での「仲間」と出会えましたね。今でも同級生の仲間たちはもちろん、当時の恩師とも連絡を取り合っています! あと授業で学んだ製図やCAD実習が、社会に出てみて役に立っているなと実感しています。

株式会社測建技術【測量士】

現 環境測量科(平成18年3月卒業)

測量士

藤田 亮さん(東京学館新潟高校出身)

測量はチームワーク、それをNITが教えてくれました。

―現在の仕事内容を教えてください。

道路改良のための測量業務が中心です。現場に出て仕事をすることが多いのですが、図面編集が難しかったり、測量がやりにくい場所だったり、現場によって状況が全く違うのが難しいところですね。ただ、測量成果として提出した図面や成果値が間違っていると道路改良の工事自体が狂ってくるのでシビアに取り組んでいます。

―NITでの思い出は?

私は普通科出身だったので知識が無い中で入学しましたが、「水準測量」の実習は現在の仕事でも非常に役立っています。3人で1チームを組んで行うのですが、測量がチームワークで成り立っていることを学びました。先生も本当に面白い方ばかりで、面倒見が良かったですね!

新潟原動機株式会社【品質管理】

ものつくり工学科(平成21年3月卒業)

非破壊検査技術者技量認定試験

川瀬 幸平さん(新潟東高校出身)

大先輩から職人魂を引き継いでいきたいです。

―現在の業務内容を具体的に教えてください。

現在は、品質管理グループの検査チームに所属しています。船や産業用に使われるディーゼルエンジンなどの部品が規格に適合しているかなど、細かくチェックをしていく業務です。製造という業界は、ただ製品を作るだけでは駄目で、高いクオリティーを維持することが大事だと感じますね。

―今後の目標をお聞かせください。

現在の部署に、60歳を超えている大ベテランの先輩がいるのですが、その人が本当にすごくて。仕事の技術はもちろんなのですが、人間的にもとても魅力的なんです。今はそんな先輩から職人的なコツを引き継いで、少しでも近づいていけたらと思っています!

有限会社市川建築店【建築設計・大工】

現 建築大工科(平成14年3月卒業)

一級建築士

市川 実さん(加茂高校出身)

お客様の満足のため少しの妥協も出来ません。

―現在の業務内容を教えてください。

主に一般住宅の設計・大工・現場管理などなど、なんでもやっています。設計の仕事も大工の仕事もどっちも好きなので、設計ばかりやっていると大工の仕事がしたくなるという感じです。

―業界で活躍するのに大事なことは?

難しい質問ですね(笑)個人的な意見ですが、設計でも施工でも、技術より性格的なものの方が大事なのかなと思います。建築の世界って、お客様から満足をいただくために少しの妥協も出来ないんですよ。ですから細かい作業がきちんとできる人は向いているかもしれませんね。

有限会社竹節建築 【建築大工】

建築大工科(平成23年3月卒業)

二級大工技能士

中西 達哉さん(長野県須坂商業高校出身)

NITの実習すべてが今に活きていることを実感しています。

―今のお仕事でやりがいを感じることは?

まだ新人なので雑用が多いのですが、たまに木材を刻むなどの加工の仕事を任されることがあり、そのチャンスに全力で集中して打ち込めることがやりがいとなっています! 認められればドンドン重要な仕事を任せてもらえる、恵まれた環境です。

―NIT在学時に学んでおいて良かったと思うことは?

社会に出ると、分からないことを1から10まで教えてもらえるわけではないので、学生時代の経験が基礎力になります。大工道具の使い方や墨付けの意味など、NITでの大工実習で習得したすべてのことが今に活きていると感じますね!

株式会社電友舎【電気工事士】

電気電子工学科(平成14年3月卒業)

第一種電気工事士 二級電気工事施工管理技士

内山 智幸さん(現 津南中等教育学校出身)

必要なエネルギーだから一生の仕事にできます。

―お仕事の内容を教えてください。

一般電気工作物といって、配線や配管など、電気に関することは何でも担当します。最近では、太陽光発電やショップライン(店舗の天井にある電気のレール)の取り付けなども行いました。

―高校生の皆さんにメッセージを!

電気というと、電柱や電線の工事をイメージする人が多いと思いますが、それだけではありません。現場ごとに異なる工事内容を担当するので、いつも新しいことを吸収できて楽しいですよ。電気はなくなることのない必要なエネルギーだから、一生の仕事にできると思います!

THK新潟株式会社【生産技術者】

ものつくり工学科(平成22年度卒業)

ボイラー実技講習 修了 ガス溶接技能講習 修了 アーク溶接特別教育 修了

豊島 望さん(五泉高校出身)

ものづくりの仕事は大きな達成感があります。

―どんなお仕事をしていますか?

ボールスプラインという部品の精密加工を担当しています。4mm~150mmまで幅広いサイズの部品を取り扱っているので、寸法に応じたツメの交換や機械の操作、後工程など、作業の内容はさまざまです。

―このお仕事の魅力は?

自分の携わった製品が、日本中、世界中で使われることです。「幅広い分野で多くの方の役に立つ」ものづくりの仕事は大きな達成感があります! 経験がものを言う難しい作業もあり、学ぶことが多く、自分自身の成長にもつながりますね。

直行バス運行
ムービー一覧
LINE×NIT
本物をツクル!!
専門実践教育訓練給付金
NSGオープンキャンパス お仕事体験&学校研究