NIT 新潟工科専門学校 > 自転車メカニック科

多種多様な自転車に対応する金属加工や溶接技術、フレームビルディング技術などを習得。またオリジナルデザインの自転車を考案する商品開発も行い、整備、デザイン設計、製造が行える自転車業界のスペシャリストを育成します。

3つのポイント

  • 様々な種類の自転車を実際に分解し、組立整備をすることで、卒業後、実務経験を経て「自転車技士」「自転車安全整備士」になる近道をアシストします。

  • 加工実習にて、実際に自転車フレーム加工や部品制作をしながら、必要な加工技術、溶接技術を学び、即戦力を身につけます。

  • 自転車部品の2次元トレース、3次元モデリングをしながら、CAD操作、製図法を学び、オリジナル自転車のデザイン設計を行う。

目指せる職種

自転車整備士

多種多様な種類のある自転車の組立、検査及び整備を行う自転車専門の技術者

自転車デザイン設計者

自転車の仕組みを近いし、用途や機能性を考慮し、オリジナルの自転車デザインを行います。

自転車販売者、機械加工技術者、CADオペレータ、生産技術者、ガス溶接技能者 など

目指せる資格

  • ・厚生労働省認定 CADトレース技士
  • 危険物取扱者
  • ・ガス溶接技能講習
  • ・アーク溶接特別教育
  • ・自由研削砥石特別教育
  • ・3D-CAD利用技術者

ほか

タイムテーブル

※画像クリックで拡大表示します
※タイムテーブルは1年次の一例です。

実習・演習

  • 自転車の分解、組立を行い、各パーツがどのような役割を担っているかを考察します。

  • 自転車の歴史と背景、専門用語など基本的な知識を身につけます。

  • 自転車部品を基にCAD(設計ソフト)操作・製図法法を学びオリジナル製品の設計・デザインを行います。

  • 鉄板・アングルなどを切断し、アーク溶接によって接合し、自転車の加工を行います。

  • 工作機械の操作方法を学び、自転車部品の加工技術を習得します。

  • 機能・品質・デザインを持ち合わせた自転車の企画から開発、販売までを習得します。

新潟初!自転車に関する専門知識と技術を学べる学科です。

健康・節約意識の高まりなどを受け、新潟県内でも様々なサイクルイベントが開かれています。また、近年の自転車は日常的な利用としてのシティサイクルに限らず、スポーツサイクルや趣味として確立し、多彩な広がりを見せています。そうした多種多様な自転車に対応した整備・加工技術を学び、さらにオリジナル商品を開発する自転車業界のスペシャリストを目指し、業界で活躍されることを願っております。自転車の世界への、皆様のチャレンジを心よりお待ちしております。

杉浦 正樹氏

(有)高田産業取締役

夏フェス2017
ムービー一覧
AO入試
AO入試を利用したセンパイの声
適職診断
NSG HAPPY NEWS
進路変更センパイの声
直行バス運行
LINE×NIT
本物をツクル!!
専門実践教育訓練給付金
NSGオープンキャンパス お仕事体験&学校研究